幽霊塔 8巻 ネタバレ【ついに幽麗塔登場】

こんにちは。
夕佳です。

今日は「幽麗塔」8巻についてあらすじを書きますね。
幽霊塔のクライマックスです!


解いても解いても謎があらわれますが、
ようやく終わりが見えてきます。

なので評価は
 死者△
 グロ〇
 謎解き◎
 ハラハラ△
 哲学◎
です。


やっぱり自力で読む!という方、
まんが王国はこちら


幽霊塔最深部に近づく太一・山科・沙都子。
が、最深部の直前で山科は死番虫に殺されます。


死番虫は拳銃を構える太一に背をむけ、
「これなら正当防衛は成立しない」
といいますが、太一は容赦なく引き金を引きます。
谷底へ落ちていく死番虫。


それにおくれてやってきたのは
丸部・テツオコンビ。
丸部も、財宝の発見者は太一だと認めます。


太一がテツオと最後の会話をしている間に、
丸部は財宝のそばにいた灰色の服の女性に近づきます。
その遺体こそが、お夏。
丸部道九、までが読み取れる臍帯箱らしきものをもっています。


死番虫の上着にスカラベの小箱が残ってたことで、
4人は無事地上に戻ってきます。


その後、テスラ、Q、丸部に連れられて幽麗塔なる研究施設へ向かうテツオ。
そこで丸部から、「脳移植」を持ち掛けられます。
女性になりたい丸部と男性になりたいテツオが
脳を取り換えることでようやく、心と体が一致するはずと…


一方、太一・沙都子・ヤゴベエ(山科の同期)は
すくない手がかりで謎解きしながら追いかけていますが、
間に合うのでしょうか…?


こんがらがった謎は次で解けます!


私はスマホの電子コミックで幽麗塔読みました♪
今回は素敵なシーンが多く、じっくり読んでしまいました。

私はまんが王国というところで読みました。

まんが王国だと無料試し読みもできますよ☆

まんが王国はこちら

サイト内で「幽麗塔」で検索するとすぐに読めます。
「幽霊塔」で検索しても大丈夫です!

この記事へのコメント