幽霊塔 1巻 ネタバレ【なにかあるぞとにおいだけ】

こんにちは。
夕佳です。

怖いけど面白かった「幽麗塔」ですが、
同じ方が多かったらしく、
まんが王国の2016年の殿堂入りも果たしてます!


そんな幽麗塔の1巻は
 死者△
 グロ〇
 謎解き△
 ハラハラ×
 哲学×
です。


無料試し読みで気になった方は買いだと思います。
ただしエロはそんなにありませんよ!

→まんが王国はこちら



主役となる太一・テツオが
どんなキャラクターか? 境遇か?の紹介がメインですね。
あ、でも、後半まで出張るメインキャストがほぼ出揃ってます!


冴えない男「太一」が、
突然現れたイケメン「テツオ」に
「金も名誉も手に入る宝探しをしよう」ともちかけられます。
その舞台は幽霊塔。


その持ち主になったのが、
娘をして「一番判事に向かない」と言われる丸部道九郎判事、
その娘だというわりにおびえてる?沙都子。


テツオの入れ知恵で沙都子をおどし、
幽霊塔の仕事にありつく太一。


それを、女性記者として頑張ってた同級生、
花園さんに伝えたために、
花園さんは単身幽霊塔に潜入、
誰かに殺されてしまいます。


まだ一人一人が丁寧に殺されてます。
それでも、老婆・太一・花園さんと3連続で
時計台はりつけなのはグロいので、〇つけときます。


謎もまだあまり出てません。
テツオの頭の回転を証明するための
なぞかけがあるくらいかな。


太一はまだまだ見た目も中身もいけてません。
自己愛が強く、言い訳が多く、調子にのりやすく、
でも「もしかして」で相手を疑う…。
今後変わっていくのでお楽しみに!


私はスマホの電子コミックで幽麗塔読みました♪
電車の中でも気軽に読めるのでオススメです。

私はまんが王国というところで読みました。

まんが王国は価格が安いし、無料試し読みもできるのでオススメです♪

まんが王国はこちら

サイト内で「幽麗塔」で検索するとすぐに読めますよ。
「幽霊塔」で検索しても大丈夫です!

この記事へのコメント