幽霊塔 漫画 ネタバレ 最終回【未来は今どうなっている?】

こんにちは。
夕佳です。


幽霊塔を原案とした漫画、「幽麗塔」
ついに終わりがきました…
79話と最終話。
きれいな終わり方となっているので、
ぜひ読んでいただきたいです☆
死者も出ません(笑)

ネタバレ読むよりやっぱり自分で読む!という方はこちらへ♪
↓↓↓
まんが王国
↑↑↑


命からがら幽麗塔から逃げ出した、
太一とテツオたち。


入院中の太一に、沙都子が持ってきたのはミステリー小説。
そのなかに、黒田涙香の「幽霊塔」があり、
太一もテツオも「そんなのあったか?」とびっくりします。


そして退院後は、太一は出版社を立ち上げた様子。
恋愛にも挑戦してみたいですよ!
ただ、そのキス未遂に出くわしたテツオは
 「おめでとう! 僕も誰かを探してみようとおもう」
というはがきを残していなくなっちゃいます…。


でも3年経ったある日、太一とテツオは幽霊塔で再会するのです。
そのときの太一は、なつかしの太一子ちゃん。
やりとりが切ないので、ぜひ漫画で見てください!


あらすじとはずれるんですが、
最初涙香のびっくり具合が最初よくわからなかったので、
わたしなりに謎解き?しますね。


・黒田涙香の小説は、太一もテツオも全部読んでいた
・江戸川乱歩も太一の好きな作家
・黒田涙香の幽霊塔は50年ほど前に出ていた
→太一たちの入院中にしらない人が出した、ではない


それなのに、
「ほかの人たちはそんな本があると"知って"いる


という、ミステリーというよりオカルトっぽい驚きだったんだと思います!


最終話飾ったのはひさびさの太一子ちゃん!
衣装や小道具、とってあったのかしら(。→ˇ艸←)


私はスマホの電子コミックで幽麗塔読みました♪
気軽にもじっくりも読めるのでオススメです。

私はまんが王国というところで読みました。

まんが王国は価格が安いし、無料試し読みもできるのでオススメです♪

まんが王国はこちら

サイト内で「幽麗塔」で検索するとすぐに読めますよ。
「幽霊塔」で検索しても大丈夫です!

この記事へのコメント